本人死亡によるキャッシングの返済額はどうなるか

キャッシングを利用している場合、友人知人は勿論ですが家族にも内緒で利用している人が数多くいます。もしそのような人がキャッシングを利用中になくなった場合、返済額はどうなってくるのかというのが問題になります。
まず、本人死亡により相続が発生します。
相続と言うと土地や建物、預金などが思い浮かびますが、そのような資産だけではなく負債、つまり、いわゆる借金も相続の対象となります。
その際、借金だけは払わずに資産だけ相続するということは出来ません。
ですから、キャッシングの残債は相続人が返済しなければなりません。
その際に取る行動としては、もし資産の方が多ければ、資産から借金を支払い、残った分だけ財産として受取ることが出来ます。
しかし、もし、資産よりも借金の方が多ければ、損失を被ることとなるので、一般的には相続放棄を行います。
これにより借金を支払う必要がなくなりますが、資産を受取ることも出来なくなります。
なお、これは相続を知ったときから3ヶ月以内に手続きを取らなければ、効力を行使できません。

気になる年金でお金を借りるNO87についてはこちらで書いています。